0

<融資限度額も大きく専業し主婦でも借りやすい>

たとえば、住宅ローンのような目的という融資では、非常に厳しいのですが、それに比べてもカードローン審査傾向としてはとても緩い傾向があります。それ以外の特徴としては、銀行は貸金業者とではありませんので、仕事をしていない、専業主婦の借り入れに関しても柔軟な対応をしてくれる可能性があります。もちろん、夫が安定した収入があるなどという条件はありますし、同意を得なければいけませんが、以前に比べると専業主婦であっても借り入れはしやすいでしょう。

無理な返済計画を立ててしまうと生活を圧迫するだけでなく、返済遅延などにより信用情報の評価を下げてしまう可能性もあるのです。信用情報はこの先、人生のビックイベントに伴い利用する機会が増える住宅ローンや教育ローンなどライフステージが変わるごとに必要となる金融商品の審査において重要な評価基準となるものです。その価値を理解してきちんと管理していく事が必要です。また、正社員意外の方は属性的に評価が低く、その商品の最高金利近くの金利に適用されがちです。できるだけ上限金利の低い商品を選ぶようにしましょう。

1

カードローンのお医者さん

「カードローンのお医者さん」では、カードローンやお金を借りるための知識を中心に扱っています。

実際に、お医者さんのように診断することはできませんが、当サイトをお使いいただいた皆様に何かしらの気づきがあればうれしい限りです。

管理人より


<おすすめの参考サイト>

カードローン比較
大手のカードローン業者を比較できるサイトです